ギャンブラータコサダのFX・競馬・副業ブログ。全ギャンブルで勝ち越す。

自分の好きなことを好きなだけ書く。

損切をなるべく早くすることの真意。

time 2016/07/15

損切をなるべく早くすることの真意。

どこのブログでも、どこのサイトでも・・・

「損切をなるべく早くして利益を伸ばす。」

みたいなの書いてませんか?

もーそんなのわかってるよ!!って人、多いと思います。

けど、こんなの小学生でもわかることですよね。

だって勝率50%以上だすのって難しいですもん。

それなら勝率30%でも落として、リスクリワードを大きくしたらいい。

そんなのは、実は誰でもわかること。

損切を小さくすることの真意ってのは、あんまり書かれてない気がする。

sponsored link

損切を小さくするにはどうするのか?

どうすればいいと思いますか?

・エントリーして違うと思ったらすぐ損切する。

・根拠が崩れたら損切する。

どちらも、正しいと思う。

けど、もっと大事なことがある。

エントリーポイント。

これです。

エントリーしたとこで、勝負は決まってると思う。

良い損切をするためには良いエントリーポイント。

じゃあ、良いエントリーポイントってなんだろう?

僕が思う良いエントリーポイントは、

・根拠がある。

・損切が近い。

まぁこの二つですよね。

そのポイントって攻守が交代した瞬間じゃないかな?

流れが変わった瞬間。

絵にかいて説明してみます。

絵ぐらいしか取り柄のない僕です。まかせてください。←

sagiyarou

赤い線は「ロング勢の勝利。」

青い線は「ショート勢の勝利。」

これまでレンジ内にいたけど、攻守交替しました。

これはわかると思います。

この場合、どちらも水平線ブレイクなので、レンジの中に戻れば損切でしょう。

つまり、レンジの上らへんでエントリーできれば損切が小さくできますね。

sagiyarou

ロングなら赤い〇でエントリーできれば損切が近いので良いエントリーといえます。

ショートなら青い〇のとこで入れば、損切が近く良いエントリーといえます。

四角のとこで、損切ということ。

けど・・・

これやってみたらわかるけど、入れないんです(笑)

理由はおそらく「注文が殺到するから。」

新規エントリー、損切注文。いろいろ。

なので、スプレッドが広がったり注文が通らなかったり・・・

まぁ、これは仕方ないことです。

もし発注した注文でエントリーできるなら、僕なら90%以上で勝つ自信があります。

みんなそうだと思いますけど。

僕は、果敢に入りますが・・・。


たまにこんな感じで愚痴ってるのは、全部入れないからなんです。(´・ω・`)笑

入れないことなんて、わかってるんです。

けど、なんか愚痴りたくて・・・。(笑)

ここで、ピンときた人は僕のブログをよく読んでくれてる方です。

いつも、ありがとうございます。

億トレーダーの手法って、損切近いのでは?

これに気づいたあなたはおめでとう。検証してみてください!

まだ見てない方はこちら→億トレーダーが使ってる手法。

このやり方は本当にいいんですが、難しいんです。

僕も日々やってますが、損切は一番多いですね。

ただリスクリワードは一番優れてます。やぱり良いポイントなんだと思う。

簡単に図に書きますね。

sagiyarou

めんどくさいので、さっきの図に書き足しました。

太いラインからの〇のポイント。

赤〇のラインタッチでロング。

青〇のラインタッチでショート。

損切がとても近いのわかりますね(^_-)-☆

簡単に言います。

「損切を早くする」のは誰でもわかることですが、イコールエントリーポイントに拘るとは書いてないです。

損切をしっかり入れるのは当然ですが、できれば損切したくないですよね。

じゃあ、損切にならないように根拠という名の盾(今日の図でいうとレジサポライン。)を持って相場に挑んでください。

仮にもし損切になっても、近ければ痛くない。

損切を考える前に、エントリーポイントに焦点を合わせてみてはいかがでしょう?

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク




プロフィール

FXトレーダーですがまだまだヒヨコレベル。
ブログでは初心者様などに「勉強になった。」と言われるような記事を書けるように頑張ってます。
質問や、書いてほしい記事、ビジネス提携の方はお気軽に連絡してください(^_-)







sponsored link